炭水化物抜きのダイエットを実践してみました

by suri7821qp

私は以前から体重管理に興味があり、様々なダイエットを試してきました。
なかでも「炭水化物を食べないダイエット」
これが一番印象に残っています。

ご飯

では、私がこれをやろうと思ったきっかけや
具体的な実践方法についてお伝えしましょう。

まず、きっかけは中学のときの同窓会でした。
「みんなで集まるよー」と言われたのはもう残り3ヶ月を切る頃、
3ヶ月と言えばまだまだ余裕があると思っているそこのあなた!
3ヶ月なんてあっという間にすぎてしまうのですよ。

そこで、とにかく早く体重が落ちる方法として調べた結果、
たどり着いたのが炭水化物抜きのダイエットでした。

まず、朝はたまご中心の食事に野菜、お味噌汁をとります。
朝からそこまで「食べたい!」という気持ちにはならなかったため、
少しの量でも「物足りない」と思うことはありませんでした。

そして昼ごはん。
朝食べていない分、11時ごろにはものすごくお腹が減ります。
甘いものが食べたくなって、飲み物も飲みたくなります。
でもそこは「グッ」と我慢。
お昼御飯は、サラダ大盛りを食べました。

そして嬉しかったのが、「肉はいくらでも食べていい」ということ。
お財布と相談にはなりますが、お肉やドレッシングなどは
これでもか!というほど食べていました。
そのせいか、お昼ご飯を食べた後はいつも満腹でした。

そして夕飯です。
朝、昼は、そのあとに動く消費カロリーのことも考えて、
そこまでシビアにはなりませんでしたが、
夜は「ただ眠るだけ」です。
ただ、摂取すればするだけ体重は増えていきます。
そのことを踏まえて、私は豆乳とサラダのみ食べていました。

もともと豆乳はあまり好きな方ではなかったのですが、
夕飯に豆乳を飲むようになってから、その甘さや口当たりの良さにひかれ
今では毎朝飲むほど豆乳好きになってしまいました。

そのあと、寝る前に体重を計り、朝起きて体重を計る
そうしているうちに一週間で3キロ近く体重を減らすことが出来ました。
それを1ヶ月ほど続けていると、リバウンドなく体重も減るのです。
このダイエット方法は私が今までしてきた中で一番効果のある方法でした。

もし、まだやったことがない人がいれば、一度でいいから
実践してみるとダイエットについての概念が変わるかもしれません。