ダイエット中に発散するべきストレス解消法とは

by suri7821qp

カラオケ

ダイエットにはストレスがつきものです。
そのストレスに負けて、暴飲暴食に走り、
「リバウンドしてしまった!」なんていうのはよく聞く話。

だからこそ、ダイエット中のストレス発散は、
通常時の発散より大切なのです。

私がしていたストレス解消法、
それは、「とにかく大声で歌う」作戦。

カラオケに行って六時間くらい平気で歌っていました。
大声を出してストレス解消にもなるし、
歌うことによってカロリー消費して、
ダイエットの手助けにもなる、ということですね。

歌うことが好きではない人は、逆にストレスになってしまうので
あまりおすすめはできませんが、
「音楽を聴く」ことが嫌いな人はいないはず。

ヘッドホンで大音量で音楽を聴くこともストレス解消になったりしますよ。
よく電車などで音楽を聴いている人がいますよね、
あれは暇でやることがないから、という人もいるかもしれませんが
私はストレス解消に音楽を聴いているんじゃないかな、と思いました。

曲調もそうですが、歌詞に自分をあてはめて想像したり、

ちょっと現実逃避してみたり・・・。
歌うことも聴くことも大いにストレス発散になりますよね。

それから、「ひたすら寝る」作戦。
食べて寝ての繰り返しはよくありませんが、
睡眠をとったあとというのは、あまり食欲がわかないもので、
そのあとに食べる食事量は、普通と比べて大幅に落ちます。

そして少しの量を食べただけでも満腹感が得られるので
たくさん食べた錯覚になり、暴飲暴食を防ぎます。

よく、「朝はあまりいっぱい食べられない」ということを聞きますよね。

それは、人間、寝て起きた後は胃腸の働きが活発でないからなんです。
なので「あまり食べたくないよー」と言っている胃腸に無理矢理物を入れても
逆に胸やけがしてしまうだけですよね。
自然の流れに身を任せて、食べたくないときは食べない!でいいと思います。

上記いくつか書きましたが、だまされたと思って一度試してみてくださいね。
意外な効果に驚くと思います。

そして、もし、金銭的な余裕があれば、ボディスタというマニュアルを試してみることをおすすめします。

最後にこれは余裕のある人に極めつけですが、
買いたいものを買う」ということですね。

色々なことを制限しているなかで、ご飯やジュース、デザート、
食べたくても食べられないものがたくさんあります。
でも、洋服やバッグ、靴や時計など、
身の回りのおしゃれに気を使って自分自身を飾って磨けば、
それだけ自信と勇気が湧いてきます。
「こんな太った体じゃ嫌!」というマイナスの思いも合い助け、
自然と綺麗になっていくというのが素敵女子への第一歩になります。


ダイエットにおすすめな美味しいスムージーとは?

by suri7821qp

レッドスムージー

みなさんは「スムージー」を知っていますか?
スムージーとは、果物や野菜等をミキサーにかけて、
滑らかにしたものを言います。

最近は、スムージー専門店や、スーパーやコンビニなどにも
多種類のスムージーが売っています。

今日は、ダイエットや健康におすすめな美味しいスムージーを
いくつか紹介したいと思います。

グリーンスムージー

生の緑の葉野菜とフルーツと水をブレンダーで混ぜ合わせたもの。
ダイエットのスムージーと聞くと、まずはじめにあがるのが
このグリーンスムージーになります。
特徴としては、栄養価が非常に高く、消化もしやすくて、
食物繊維がとても豊富にあるということがあげられます。

レッドスムージー

グリーンスムージーは緑の野菜を混ぜ合わせたものでしたが、
このレッドスムージーは、その名の通り「赤い食品」を混ぜたものなのです。
例えば「トマト」「パプリカ」「いちご」「人参」といった、
鮮やかな果物や野菜が多いですね。

赤い色は果物にも豊富にあるので、野菜ジュースというより
フルーツジュースに近い感じで、とても飲みやすいと思います。

一時期「トマトダイエット」が流行ったのを覚えていますか?
トマトに含まれる成分「リコピン」には強力な抗酸化力があり、
美白効果、血糖値を下げる、動脈硬化の予防など、
体内の免疫力が上がり、ダイエットにはとってもおすすめなのです。

イエロースムージー

マンゴーやバナナ、オレンジなど、黄色を中心に作られたもの。
野菜というより果物の色が多い黄色は、フルーティーで飲みやすいです。

一時期、バナナダイエットというダイエットが流行ったことで
お分かりかと思いますが、バナナの中の糖質は、
ブドウ糖・果糖・ショ糖・でんぷんなど多様なため、
エネルギーが長時間持続して腹もちもよくなり空腹になりにくくなります。
そして、バナナ1本のカロリーは、80~100キロカロリーです。

ご飯やパンに比べると、かなりカロリーが低めなので1食をスムージーに置き換えるだけで、
カロリー摂取が少なくなり栄養も採れ、ダイエット効果があるということになります。
なにより甘くておいしいスムージーはいいですよね。

どうですか?明日の朝にでもスムージーを作ってみたくなりませんでしたか?
ブレンダーで混ぜ合わせると「あっ!」という間に出来てしまうので、
忙しい朝などにもスムージーはとってもおすすめですし、
野菜や果物を食べないお子さんに、作ってあげれもいいかもしれませんね。


ダイエットに効きそうなお茶をこっそり教えちゃいます

by suri7821qp

お茶

ダイエット中の水分補給にとっておきのおとも「お茶」
ただのお茶を飲むよりも、ダイエットに合ったお茶を飲んで
スムーズに体重管理をしてみませんか?
今日は、そんなダイエットにぴったりのお茶を紹介したいと思います。

減肥茶

「肥えた脂肪」が「減るお茶」ということでその名の通り、
昔からダイエットのために飲まれていたお茶ですよね。

こちらは、「減肥茶」という茶葉があるのではなく、
烏龍茶や、杜仲茶などの、体に良いとされている種類の
お茶をブレンドしたものから出来ているのです。
そしてそれを「減肥茶」と呼んでいるのですね。

なので、本当にこのお茶は「ダイエット専用茶」といった感じで、
お通じもよくなり、杜仲茶に含まれる成分「ピロレジノール・ジグルコサイド」が
むくみや肥満を解消してくれるおすすめのお茶なのです。
口当たりもよく、飲みやすくて、ダイエット目的ではなくても
ごくごく飲んでしまうお茶です。

ルイボスティー

聞きなれないお茶ですかね?でも、最近はお店でもよく目にします。
このルイボスティーというのは、
南アフリカにある植物のルイボスを使ったお茶になります。
ビタミンB1やB2そしてミネラルがかなり豊富に含まれているため、
元々健康にとても良いとしているお茶です。

そして、この中には酵素が含まれていて、
これが体に含まれている毒素を排出してくれる効果があります。

毒素を排出することで体質改善ができ、痩せやすい体になってくれます。
どちらかというと「紅茶」に近い口当たりです。

黒烏龍茶

最近はCMでもよく目にして、健康維持をうたっていますよね。
普通のウーロン茶と比べると少し苦く感じますが、
私はこの黒烏龍茶が大好きで、よく買って飲んでいます。

烏龍茶というのは「ウーロン茶ポリフェノール」という」成分が含まれています。
特に、脂肪抑制効果が高く、
このポリフェノールが脂肪の吸収を抑えると言われています。
そして、烏龍茶のなかでも特に脂肪抑制効果の高いものを集めたのが黒烏龍茶という訳です。

ポリフェノールの効果は様々有りますが、そのなかでも注目すべきは抗酸化作用です。
簡単に言うと、体がサビ付くのを防いでくれる効果です。
その結果、体の中の余分なものが排出されて、痩せやすくなるというわけですね。

どうですか?結構どんな場所でも買えるものばかりなので、
是非「お茶」を買う時には、ダイエットに効果のあるお茶を
選んでみるのもいいのではないでしょうか?
値段もそれぞれなので、量販店、スーパー、ネットなどで
価格を比べて、おためしに安いものを買ってみるといいかもしれません。


汗をかくにはやっぱり半身浴ダイエットがいいらしい?

by suri7821qp

お風呂

お風呂好きな女子はたくさんいると思いますが、
食事制限好きで運動大好き女子は少数派だと思います。

「楽して痩せたい!」

これは、みんなの理想ですがなかなかそうはいきません。
となるとやはり、お風呂で本でも読みながらくったり汗をかく。
つまり、半身浴を好きなだけやる!ということに落ち着きます。

運動や食事制限は「よし!やるぞ!」という気合が必須ですが、
お風呂は毎日はいるものであり、強制でも制限でもありません。

ここで、おすすめの半身浴グッズを紹介したいと思います。

ゲルマニウムマスク

今ちまたでは「スケキヨマスク」なるものが流行っていますが、
こちらはどちらかというと「ジェイソン(※)マスク」といったところ。
(※ホラー映画『13日の金曜日』シリーズに登場するキャラクター、特徴は顔を覆うホッケーマスク)

ナイロンパイル、チタン層、クロロプレンゴム、チタン層、ゲルマニウムの5層でできていて、
付けた瞬間汗ダラダラ、半身浴の目安20~30分でも充分効果が得られるというマスクです。

バスクッション

半身浴でずっと座っていると、お尻が痛くなることがあります。
そんなときにこのクッションを下に敷くだけで、痛さを軽減!
お尻を守るのはもちろん、腰や背中、いろんなところに当てれるので非常に便利です。

サウナケープ

半身浴中の上半身を冷えから守り、汗をたくさんかくケープです。
一見、レインコートのようにも見えるのですが、頭からかぶる
帽子と同じような作りになっております。

保温性の高いポリウレタンを使用しているのがほとんどですので、
熱気を逃がさず代謝を良くする働きがあります。

私は使ったことがないのですが、よく、袋を破り、
頭の部分だけ切って、それをかぶってお風呂に入る、
という話を聞いたことがあります。エコですね。

このほかにも、雑誌を置く台や、ポータブルテレビなど、
半身浴を楽しくするグッズはたくさんあるので、
みなさん、一番自分に合った半身浴グッズを探してみてはいかがでしょうか?


炭水化物抜きのダイエットを実践してみました

by suri7821qp

私は以前から体重管理に興味があり、様々なダイエットを試してきました。
なかでも「炭水化物を食べないダイエット」
これが一番印象に残っています。

ご飯

では、私がこれをやろうと思ったきっかけや
具体的な実践方法についてお伝えしましょう。

まず、きっかけは中学のときの同窓会でした。
「みんなで集まるよー」と言われたのはもう残り3ヶ月を切る頃、
3ヶ月と言えばまだまだ余裕があると思っているそこのあなた!
3ヶ月なんてあっという間にすぎてしまうのですよ。

そこで、とにかく早く体重が落ちる方法として調べた結果、
たどり着いたのが炭水化物抜きのダイエットでした。

まず、朝はたまご中心の食事に野菜、お味噌汁をとります。
朝からそこまで「食べたい!」という気持ちにはならなかったため、
少しの量でも「物足りない」と思うことはありませんでした。

そして昼ごはん。
朝食べていない分、11時ごろにはものすごくお腹が減ります。
甘いものが食べたくなって、飲み物も飲みたくなります。
でもそこは「グッ」と我慢。
お昼御飯は、サラダ大盛りを食べました。

そして嬉しかったのが、「肉はいくらでも食べていい」ということ。
お財布と相談にはなりますが、お肉やドレッシングなどは
これでもか!というほど食べていました。
そのせいか、お昼ご飯を食べた後はいつも満腹でした。

そして夕飯です。
朝、昼は、そのあとに動く消費カロリーのことも考えて、
そこまでシビアにはなりませんでしたが、
夜は「ただ眠るだけ」です。
ただ、摂取すればするだけ体重は増えていきます。
そのことを踏まえて、私は豆乳とサラダのみ食べていました。

もともと豆乳はあまり好きな方ではなかったのですが、
夕飯に豆乳を飲むようになってから、その甘さや口当たりの良さにひかれ
今では毎朝飲むほど豆乳好きになってしまいました。

そのあと、寝る前に体重を計り、朝起きて体重を計る
そうしているうちに一週間で3キロ近く体重を減らすことが出来ました。
それを1ヶ月ほど続けていると、リバウンドなく体重も減るのです。
このダイエット方法は私が今までしてきた中で一番効果のある方法でした。

もし、まだやったことがない人がいれば、一度でいいから
実践してみるとダイエットについての概念が変わるかもしれません。


レコーディングダイエットの楽しみ方

by suri7821qp

レコーディングダイエットって流行りましたよね?
でも、いまだ絶賛大人気なのを知っていますか?
私もそのレコーディングダイエットをやっている一人なのですが、
もうかれこれ数年以上は続けています。

きょうはこの、レコーディングダイエットのついてお伝えしましょう。

まず、レコーディングダイエットとは・・・
日々摂取する食物とそのカロリーを記録することで、
自分が摂取しているカロリー、食事の内容、間食などを自覚し、
食生活の改善につなげるというもののことです。

ようは「食べた食事の日記帳」ですね。

人間というのは、時間がたった記憶というものは曖昧になっていくもので、
夕方に「朝食べたものは?」と聞かれても思い出せないこともあります。
自分が何を食べたか、塩分や糖分をどのくらい摂取したか、
それを記していくことで、次に何を食べようか、何を飲もうか、
いろいろなことが整理できるんですね。

それから、1回の食事で、何を食べたかというのは
食べ進めていくうちに分からなくなってしまいますが、
日記を書いておけば、どれほどの量を食べたのかすぐに思い出せます。

手帳

私はレコーディングダイエットを始めてから思ったのは
「1回の食事で、想像以上の量を食べている」ということでした。
もともと、ダイエットを趣味のようにしているところがあるので、
食事の量や食べるものにも気をつけているはずなのに、
文字に書き起こしてみると「あれ?あれ?こんなに食べてたの!?」
と、驚くことが多々ありました。
いまだに、食べ過ぎていたりして、書くのが大変な時もありますが。

でも、書かなかったらわからないことも、文字に書くことで
自分が食べた物を自覚することはダイエットにとって
とても前向きで、良いことだと思います。

そして、このダイエットをして気付いたことは、
「なぜか1度に食べる食事量がどんどん減っていく」
ということでした。
意識はしていないし、ただ日記をつけているだけなのに
食事を書く量が減っていったのです。
ということは、食事の量も減っていったということ。
イコール自然に痩せて行った、といことになります。

おそらく、自分が食べた量を書いていることで
「自分がいかに食べ過ぎているか」「余計なものを食べているか」
ということに気付いて行くんだと思います。
「無駄の多さ」に気付くんですね。

そのパターンにはまればこっちの物!
あとは、どんどん摂取カロリーが減って痩せて行くだけです。

ダイエットをしていると必ず「停滞期」の壁にぶち当たりますが、
このレコーディングダイエットの時期は、軽くでいいので
運動をすることをおすすめします。
ずっと変わらない折れ線グラフが一気にガクン!と下がるとき、
「やってよかった」という達成感に襲われると思います。
楽しんで試してみてくださいね。